JSAMC日本小動物医療センター

看護部

ホーム > 診療科目 > 看護部

理念

専門的な知識や技術に温かい心を添えて良質な看護を提供すること。

基本方針

  1. 1

    動物とのふれあいを大切に心のこもった質の高い看護を提供します。

  2. 2

    さわやかな笑顔でご家族に接することで、ご家族の最も身近な存在としてチーム医療に携わります。

  3. 3

    自己研鑽し、科学的根拠に基づいた看護・可能な限り安全で高度な看護を提供します。

  4. 4

    専門職として責任ある行動をします。

当センターの入院管理

365日24時間看護 入院室には、動物看護師が常在しています。
入院患者のわずかな変化も見逃しません。

■ICU(集中治療室)完備
酸素、温度、湿度などを細かく管理できる集中治療室を完備しています。
大型犬から猫まで様々なサイズにも対応しています。
■大型犬入院室
体が大きい大型犬も広々快適に過ごせます。
■犬入院室、猫入院室
当センターは犬と猫で入院室をはじめとした診療エリアが分かれています。
動物にストレスをかけないよう入院環境も工夫しています。

面会について
毎日14時から19時まで、いつでも面会出来ます。
面会で不安なことがあればいつでも動物看護師にご相談ください。

ICU
ICU

大型犬部屋
大型犬部屋

犬舎
犬舎

猫舎
猫舎

専門性の高い動物看護師

当センターでは受付や検査科、清掃担当などは別の部署が担当しており、動物看護師は看護業務のみ行なっております。
各科に専属の動物看護師が在籍しており、個々の状態にあった最適な看護を提供しています。

■がんセンター
腫瘍に関しての専門的な知識を身につけ、数多く行われる組織生検の補助をしています。
腫瘍性疾患の看護ケアに特化しており、多くの腫瘍性疾患の動物と向き合っています。
■総合診療科
幅広く疾患の知識を持ち、緊急疾患に対応できる技術を身につけています。
最速の確定診断と治療を開始出来るよう動物看護師として尽力することを怠りません。
■消化器科
消化器疾患に関しての専門的な知識を身につけ、数多く行われる内視鏡検査の補助を行なっています。消化器症状を示す動物の看護ケアや幅広い栄養管理に特化しています。
■外科
外科手術の補助や、術後管理に関しての専門的な知識を身につけています。様々な症例の外科手術が行われており、手術の安全管理にも配慮しています。
■画像診断科
画像診断に関しての専門的な知識、技術を身につけています。画像診断を正確に行うためには適したポジショニングでの画像が必要です。そうした画像の撮影補助にもこだわっています。
看護部の活動
■院内セミナー
当センターでは入社2年目の動物看護師が講師となって院内セミナーを実施しています。
テーマは自ら設定し、先輩動物看護師または獣医師監修のもと準備します。
診察終了後に動物看護師全員の前で発表します。自ら調べ発表し、人に情報を発信できる人材を育成しています。▶過去のセミナー実績
■学会発表
当センターの動物看護師は積極的に学会発表を行なっております。
当センターで培った看護技術を外部へ発信し獣医療の発展に貢献したいと考えています。
2019年度 獣医内科学アカデミー
「輸液管理中のトラブルに関する研究」
日本小動物医療センター 総合診療科 看護師長 高柳美怜 看護Award受賞しました!
「犬の慢性腸疾患に対して超低脂肪食を給与した後に低脂肪療法食を少量ずつ加えた際の反応性に関する回顧的研究」
日本小動物医療センター 消化器科 看護師 池田あゆみ
2018年度 獣医内科学アカデミー
「犬と化学療法実施症例における自宅安静時と動物病院来院時の体温の比較」
日本小動物がんセンター 看護師長 吉川舞
「腎・泌尿器徴候以外を主訴に来院した犬294頭の細菌性膀胱炎罹患率の調査」
日本小動物医療センター総合診療科 看護師長 高柳美怜
「内視鏡生検サンプル病理標本の質に影響する要因についての検索」 看護Award受賞しました!
目黒消化器サテライト病院 看護師 伊藤まなみ

インターン、就職希望の方

ページトップへ