JSAMC日本小動物医療センター

見学・研修に関するガイドライン

ホーム > 各種情報 > 見学・研修に関するガイドライン > 全科研修医について

全科研修医について

1.応募資格

日本国獣医師免許取得者。新卒・既卒のいずれも可とする。

2.研修開始時期

4月、10月の年2回

3.募集・選考について

募集人数 2名
応募方法 当センターを志望する理由をA4用紙1枚にまとめたものと履歴書を、
下記連絡先までお送りください
選考方法 書類選考及び面接

4.研修期間

原則2年間。

5.諸待遇

有給制(月額21.5万円)、原則週休2日間、その他、基本的な就労条件は常勤に準ずる。

6.研修科目

腫瘍科、消化器科、総合診療科(皮膚科、循環器科、眼科、脳外科を含む)、画像診断科、臨床検査科(細胞診)、救急診療科。腫瘍科、消化器科、総合診療科の研修に外科および麻酔科を含む。

7.研修目標

当センターの研修プログラムでは、複数の専門科目をローテーションすることにより、多様な疾患に対応できる獣医師を育成することを目標とする。また各科専門医とともに症例を多角的に診断・治療するチーム医療に対応できる獣医師の育成を目標とする。

8.研修内容

  1. 研修の年間スケジュール:1年間を12のブロックに分け、下記のブロックを取得する。
  • 総合診療科x1
  • 総合診療科(循環器、皮膚、眼科、脳外科を中心に研修)x2
  • 消化器科x2
  • 腫瘍科x2
  • 画像診断科x1
  • 臨床検査科(細胞診)x0.5
  • 夜間救急診療x3
  • プロフェッショナル・デベロップメント(PD)※×0.5
    ※デスクワーク、研究発表の準備、有休消化、リフレッシュ等
  1. 学会参加:少なくとも2年に1回は研究会あるいは学会での発表を1演題
  2. 文献抄読会、勉強会(水・木・金のいずれか朝8時〜9時)の出席
  3. CPC(月1回土曜日20時〜22時30分)の出席

全科研修医制度(初年度) 年間スケジュールの例

9.指導体制

以下の指導獣医師のもとで研修を実施(敬称略)。

  1. 腫瘍科:小林哲也
  2. 消化器科:中島亘
  3. 総合診療科:中島亘
    ・皮膚科:村山信雄
    ・眼科:小野啓
    ・脳外科:阿部欣博
    ・循環器科:岩永孝治
  4. 画像診断科:小野晋、戸島篤史
  5. 外科:廉澤剛、白石陽造、藤田淳
  6. 麻酔科:長濱正太郎
  7. 細胞診:平田雅彦

10.研修医の評価

各科の研修期間終了後に指導獣医師が評価を行う。
また、研修継続可否について、4カ月に1回、研修委員会で評価を行う。

連絡先

日本小動物医療センター人事担当 井上/原田まで
〒359-0003 所沢市中富南2-27-4 / 04-2943-8699

ページトップへ