JSAMC日本小動物医療センター

新規抗がん剤による
臨床試験(治験)のお知らせ

ホーム > 臨床研究のお知らせ > 新規抗がん剤による臨床試験(治験)のお知らせ

本院は、新規の抗がん剤を用いたがん治療の臨床試験(治験)に参加しています。この治験は対象となる腫瘍を選定するために実施されます。この治験にご参加希望の方は、担当獣医師までお問い合わせ下さい。

予想される効能と効果

切除不能な【悪性腫瘍】

参加基準

悪性腫瘍と診断され、手術による完全切除が困難と予想される犬。
※参加基準等の詳細は、下記のフローチャートをご一読の上、本院までお問い合わせください。

臨床試験適合チェックリスト

予定募集期間

2013年1月1日〜必要症例数を確保するまでの期間

臨床試験実地期間

  1. 北海道大学(北海道)
  2. 酪農学園大学(北海道)
  3. 日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター(埼玉)
  4. 赤坂動物病院(東京)
  5. 東京大学(東京)
  6. 日本獣医生命科学大学(東京)
  7. 麻布大学(神奈川)
  8. 岐阜大学(岐阜)
  9. 鹿児島大学(鹿児島)

Q&A

Q1. 治験とは?
動物用医薬品の開発において、飼い主様と動物の協力のもと、対象となる動物に対する安全性や有効性を調べる臨床試験を「治験」と言います。治験は農林水産省が定めた基準「動物用医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP省令)に従って行われ、参加された動物や飼い主様の安全と人権が守られます。
Q2. どのような抗がん剤なのか?
海外で開発された、新規の抗がん剤です。有効成分は人体用医薬品として承認されており、動物用に改良されております。
Q3. 日本全薬工業とは?
開発・製造・輸入・販売までを一貫して行う動物用医薬品メーカーです。国内外との優良企業とも積極的な業務提携を推進し、強固なパートナーシップを結んでいます。

ページトップへ